へちま

立教池袋中学

1. ヘチマの茎が最もよくのびるのは、頃です。

2. 1日のなかでヘチマの茎が最もよくのびるのは、よく晴れた日のです。

3. へちまの茎は、よりの 方の茎がのびる。

4. のヘチマは、の ヘチマより茎がのびる。

5. ヘチマのお花はおしべをもち、実をつくらない。

6. お花のの下は、め花より小さい。

東邦中学

7. めしべはの部分で実になる部分はだ けです。

8. め花にはが1本ある。

9. め花にはがある。



理科一般

慶応義塾

1. 富士山の初雪は、その年のが記録された後に降っ たはじめての雪と決められている。

2. 富士山がきれいな形をしているのは、比較的火山であることと、噴 出した溶岩の粘り気がだからです。

3. 実が服についてくる草にイノコズチがあります。この草の実は、 軸に対し て4のようなな向きでついています。

4. アゲハの幼虫が食べる植物はの仲間です。

5. ふつう、幼虫で冬越しするこん虫にはが あります。






へちま

立教池袋中学

1. ヘチマの茎が最もよくのびるのは、7月頃です。

2. 1日のなかでヘチマの茎が最もよくのびるのは、よく晴れた日のです。

3. へちまの茎は、根元よりの方の茎がのびる。

*茎は重力にさからうように上への びてゆ く。これを負のくっ地性という。根が重力にひかれるように下へのびていく性質を正のくっ地性という。

4. ひなたのヘチマは、日かげのヘチマより茎が のびる。

5. ヘチマのお花はおしべをもち、実をつくらない。

*単性花には、カキ、クリ、トウモ ロコシ、 ヘチマ、カボチャ、マツなどがある。

6. お花の花びらの下は、め花より小 さい。

東邦中学

7. めしべは・と・と・の部分で実にな る部分はだけです。


8. め花にはめしべが1本ある。

9. め花にはがくがある。

*ヘチマ、カボチャ、キュウリなど はウリ科 で、単性花です。(お花とめ花がある)



理科一般

慶応義塾

1. 富士山の初雪は、その年の最高気温が記録された後に降ったはじめての雪と決められている。

2. 富士山がきれいな形をしているのは、比較的新しい火山であることと、噴出した溶岩の粘り気が中くらいだからです。

3. 実が服についてくる草にイノコズチがあります。この草の実は、 軸に対し て4のようなな向きでついています。


4. アゲハの幼虫が食べる植物はミカンの仲間です。

*モンシロチョウのキャベツに対し て、アゲ ハはミカンです。

5. ふつう、幼虫で冬越しするこん虫には、カブトムシオオムラサキがあります。

*バッタ、コオロギは卵で、コガネ ムシ、ト ンボは幼虫で、モンシロチョウ、アゲハ、ハエはさなぎで、ミツバチ、テントウムシは成虫で冬を越します。

理科定理集へ