上皿てんびん 

東京 学芸大付 属

1. 左右の皿にものをのせずに少 しゆら し、がめもり板の中心を境に左右 同じにな るように調節ねじで合わせ た。

2. 食塩の重さを上皿てんびんではかります。はかりとりたい重さの 分銅をは じめにの 皿にのせ、の 皿に少し食塩をのせてゆらし、はりが左右に等しくふれるまでの 皿に食塩を少しずつ のせてはかりとった。

3. 上皿てんびんをかたづけるとき、の 皿の上にの皿をのせた状態でもとの場所にかたづけた。



エノコログサ

青山学院

1. 下の図は道ばたや公園などで見かけるエノコログサのほの部分を 示した図 です。エノコログサの茎と葉はで、 根はです。

2. エノコログサと同じ仲間の植物はで す。

3. エノコログサの種が発芽するときに必要なものは、で す。



カブトムシ

筑波大付属駒場

1. カブトムシの成虫はオスもメスも合計枚 のはねをもっている。

2. カブトムシのは、かれてくさりかけ たクヌギの木や落ち葉を食べ る。

*成虫はクヌギの樹液などをすう。

3. カブトムシの頭と胸の境界、胸と腹の境界を線をひいて示しなさい。








上皿てんびん                                   東京学芸大付属

1. 左右の皿にものをのせずに少 しゆら し、はり のゆれは ばがめ もり板の中 心を境に左右同じになるように調節ねじで合わせた。

2. 食塩の重さを上皿てんびんではかります。はかりとりたい重さの 分銅をは じめにの皿にのせ、の皿に少し食塩をのせてゆらし、はりが左右に等しく ふれるまでの皿に食塩を少しずつのせてはかりとった。

3. 上皿てんびんをかたずけるとき、の皿の上にの皿をのせた状態でもとの場所にかたずけた。



エノコログサ                                        青山 学院

1. 下の図は道ばたや公園などで見かけるエノコログサのほの部分を 示した図 です。エノコログサの茎と葉はで、根はです。


2. エノコログサと同じ仲間の植物はイネトウモロコシです。

*単子葉類は葉脈が平行になってお り、根は ひげ根になっている。

3. エノコログサの種が発芽するときに必要なものは、酸素です。

*発芽に必要なのは、水、酸素(空 気)、適 当な温度です。


カブトムシ                                      筑波大付属 駒場

1. カブトムシの成虫はオスもメスも合計4枚のはねをもっている。

*コン虫はふつうははねを4枚もっ ている。 はねが2枚のコン虫はハエ、カ、アブ、はねがないコン虫はシミ、トビムシ、ノミである。

2. カブトムシの幼虫は、かれてくさりかけたクヌギの木や落ち葉を食べる。

*成虫はクヌギの樹液などをすう。

3. カブトムシの頭と胸の境界、胸と腹の境界を線をひいて示しなさい。

*足はすべて胸部からでている。


理科定理集へ