人のたんじょう

帝塚 山泉ヶ丘

1. ヒトの一生はから始まる。は受精後約日で子宮かべについて育ち始める。

2. からだの形ができあがってい くときの こどもの大きさは、約である。

3. こどもは母親のからだからをとおして養分をうけとりながら大きくなるが、

この、は、母親のにつながっている。

3. こうして、受精卵ができてか らおよそでついにこどもは母親の体外に生まれ出る。

4. ヒトの受精卵は母親のからだ の中で成 長するが、そのもとになるのはである。

5. 子宮の中でこどもが育ってい くとき、 心臓が動き始めるのはである。

6. 子宮の中でこどもが育ってい くとき、 手やあしの形がはっきりわかるようになるのはである。

7. 子宮の中でこどもが育ってい くとき、 母親のおなかの中でからだを回転させて動くようになるのはである。

8. 子宮の中でこどもが育ってい くとき、 髪の毛やつめが生えているのはである。


ヒトのからだ

岡山白陵

1. 水分を吸収したり、消化液を出し食物を分解したり、養分を吸収 するのはで す。

2. 食べ物が口から入って出ていく道すじは、

口→→ 胃→小腸→です。

3. 小腸の内側はになっています。このは、 養分と接触する面積を広くするのに役立っています。



実験器具

1. 試験管いに入れる液の量は以下にする。

2. 水溶液を入れた試験管を熱するときは、を人の方に向けない。



水溶液

大阪教育大付属天王寺中学

1. 塩酸、食塩水、石灰水、炭酸水、砂糖水、アンモニア水、水酸化 ナトリウ ム水溶液について、赤色リトマス紙をの色を変化させる液は、で す。

2. 1.の液を加熱して液を蒸発させました。何も残らないのは、です。

3. 1.の液をそれぞれ試験管にとり、小さくまるめたスチールウー ルを入れ ると、表面からたくさんのあわを出しながら、スチールウールがとけるようすを観察できた試験管がありました。

それは、を入れたものです。







人のたんじょう

帝塚 山泉ヶ丘

1. ヒトの一生は受精卵から始まる。受精卵は受精後約7日で子宮かべについて育ち始める。

2. からだの形ができあがってい くときの こどもの大きさは、約3cmである。

3. こどもは母親のからだからへそのおをとおして養分をうけとりながら大きくなる が、この、へその おは、母親のたいばんにつながっ ている。

3. こうして、受精卵ができてか らおよそ38週間でついにこどもは母親の体外に生まれ出る。

*10月10日(とつきとうか)と は、9か 月と10日ということです。

4. ヒトの受精卵は母親のからだ の中で成 長するが、そのもとになるのは卵子精子である。

5. 子宮の中でこどもが育ってい くとき、 心臓が動き始めるのは4週目である。

6. 子宮の中でこどもが育ってい くとき、 手やあしの形がはっきりわかるようになるのは8 週目である。

7. 子宮の中でこどもが育ってい くとき、 母親のおなかの中でからだを回転させて動くようになるのは24週目である。

8. 子宮の中でこどもが育ってい くとき、 髪の毛やつめが生えているのは32週目である。



ヒトのからだ

岡山白陵

1. 水分を吸収したり、消化液を出し食物を分解したり、養分を吸収 するのは小腸です。

*大腸からも水分が吸収される。

2. 食べ物が口から入って出ていく道すじは、口→食道→胃→小腸→大腸肛門です。

3. 小腸の内側はひだになっています。このひ だは、養分と接触する面積を広くするのに役立ってい ます。



実験器具

1. 試験管いに入れる液の量は3分の1以下にする。

2. 水溶液を入れた試験管を熱するときは、試験管の口を人の方に向けない。


水溶液

大阪教育大付属天王寺中学

1. 塩酸、食塩水、石灰水、炭酸水、砂糖水、アンモニア水、水酸化 ナトリウ ム水溶液について、赤色リトマス紙をの色を変化させる液は、石灰水アンモニア水水酸化ナトリウム 水溶液です。

*アルカリ性の水溶液は赤色リトマ ス紙を青 く変えます。酸性の水溶液は青色リトマス紙を赤く変えます。

2. 1.の液を加熱して液を蒸発させました。何も残らないのは、塩酸炭酸アンモニア水です。

*それぞれ塩化水素、二酸化炭素、 アンモニ アという気体が溶けているので、水分を蒸発させると何も残らない。

3. 1.の液をそれぞれ試験管にとり、小さくまるめたスチールウー ルを入れ ると、表面からたくさんのあわを出しながら、スチールウールがとけるようすを観察できた試験管がありました。それは、塩酸を入れたものです

*塩酸は鉄を溶かして、水素を発生 させます

理科定理集へ