顕微鏡

慶応義塾

1. 接眼レンズが15倍、対物レンズが60倍のものを組み合わせた ときの倍 率はになる。

2. レンズのつけかたは、より、を先につけ なければならない。

3. ピントの合わせ方は、に最も近付けて おいて、接眼レンズをのぞき、徐々にを上 げていく。



樹木

清風南海

1. サクラ、メタセコイア、イチョウ、アラカシのうち、落葉するも のは

です。

2. 1.の4つの樹木のうち、子房が変化して果実になるものは、です。

3. いろいろなセミを、を鳴き始 める時期 の早いものから順に並べると、

ニイニイゼミ、、アブラゼミ、となります。

4. セミの口の形をあらわした図 は、です。



 星座

清風 南海

1. ひしゃくの形につの星が並んでおり、この星の一部分を延長すると、にいきあたるので、この星座は方位のを知る手がかりに用いることができる。

2. 英語のアルファベットのある 文字のよ うに、つの星がジグザ グに並んでおり、この星をもとにを探し出すことができるのでこの星座は方位のを知る手がかりに用いることができる。

3. 小さな平行四辺形の4すみに 星があ り、少し離れた位置にとても明るく輝く星Aと、鳥が羽ばたいているかのような形にいくつかの星が並んでおり、どう体のはしあたり に相当する位置付近にある ひときわ明るく輝いている星Bと、他の星座に含まれる星Cとで、天空に大きな三角形を形づくっています。星Aや星Bが頭の真上あ たりに見えるころ、それら の星からの地平線の方へ 高度を低くしたあたりに星Cは見える。

4. オリオン座が南の空に見える とき、左 下あたりに全天で最も明るく輝く星をといい、に含まれている。










顕微鏡

慶応義塾

1. 接眼レンズが15倍、対物レンズが60倍のものを組み合わせた ときの倍 率は900 倍になる。

*15×60=900 倍です

2. レンズのつけかたは、対物レンズより、接眼レンズを先につけなければならない。

3. ピントの合わせ方は、鏡筒プレパラートに最も近付けておいて、接眼レンズをのぞき、徐々に鏡筒を上げていく。*横 から見ながら、鏡筒をプレパラートに近付けておきます。



樹木

清風南海

1. サクラ、メタセコイア、イチョウ、アラカシのうち、落葉するも のは

サクラ、メタセコイア、イチョウです。

2. 1.の4つの樹木のうち、子房が変化して果実になるものは、サクラアラカシです。マツ、スギ、ヒノキ、イチョウなどは裸子植物といって、子房がな く、はいしゅがむきだしになっています。

3. いろいろなセミを、を鳴き始 める時期 の早いものから順に並べると、ニイニイゼミ、ク マゼミ、アブラゼ ミ、ツクツクボー シとなります。*ニイニイゼミは「チィー」、クマゼミは 「シャアシャアシャア」アブ ラゼミは「ジージリジリジリ」ツクツクボーシは「ツクツクホーシ」と鳴きます。

4. セミの口の形をあらわした図 は、です。


*ウのセミの口はさして吸うように できてい ます。アはモンシロチョウ(すう)、イはトンボ(動物の肉をかむ)、エはハエ(なめる),オはバッタ(草をかむ)です。



 星座

清風 南海

1. ひしゃくの形に7つの星が並んでおり、この星の一部分を延長す ると、北極星にいきあたるので、この星座は方位のを知る手がかりに用いることができる。*おおぐま座の尾の部分にあるのが、北斗七星 です。こぐま座には北極星があります。ひしゃくの先の2つの星を結んだ線を5倍にのば した所に北極星があります。

2. 英語のアルファベットのある 文字のよ うに、5つの星がジグザグに並んでおり、この星をもと に北極星を探し出すことができるのでこの星座は方位のを知る手がかりに用いることができる。

*カシオペア座です。両端の2つず つの星を 結んだ線を延長してできる角の頂点と、中心の星を結んだ線を5倍にのばした所に北極星があります。

3. 小さな平行四辺形の4すみに 星があ り、少し離れた位置にとても明るく輝く星Aと、鳥が羽ばたいているかのような形にいくつかの星が並んでおり、どう体のはしあたり に相当する位置付近にある ひときわ明るく輝いている星Bと、他の星座に含まれる星Cとで、天空に大きな三角形を形づくっています。星Aや星Bが頭の真上あ たりに見えるころ、それら の星からの地平線の 方へ高度を低くしたあたりに星Cは見える。    *A はこと座のベガ、Bははくちょう座のデネブ、Cはわし座のアルタイルです。

4. オリオン座が南の空に見える とき、左 下あたりに全天で最も明るく輝く星をシリウ スといい、おおいぬ座に含まれている。

理科定理集へ