アブラナ

大阪星光学院

1. アブラナと同じ仲間の植物といえるものは、カボチャ、エンド ウ、トマ ト、ジャガイモ、ダ イコンの中では、で す。

2. アブラナ、タンポポ、オオバコ、ヒメジョオンなどは地表に広く ひろげた 葉であるを持っている。



コオロギ、こん虫の冬越し

高槻中学

1. コオロギはたまご→幼虫→成虫という育ち方をするが、これをという。

2. コオロギと同じ育ち方をするものにがある。

3. コオロギはの状態で冬を越す。

4.  コオロギはに産卵する。

5. コオロギのあしは、むねから、はねは、から4本出ている。

6. コオロギに与えるえさは、の果実がよい。

灘中 学

7. バッタやカマキリはで冬を越す。

8. 冬に多くのこん虫が休眠するのは、寒くて活動しにくいのと、からです。

9. 夏にさなぎになったものは、数週間でして成虫になるが、秋にさなぎになったものは、まで羽化しない。これを休眠さなぎという。



いろいろな魚

同志社中学

マグロ、イワシ、カレイ、ハマチに ついて

1. マグロ、イワシ、カレイ、ハマチは一生をで過ごします。

2. おとなのマグロはおよそからの大きさです。

3. は群れをなして 泳ぎ、ハマチは成長するとになります。

4. の色や模様は、 生活している場所によく似ています。

5. 魚が呼吸するときの水の流れはが正しい。






アブラナ

大阪星光学院

1. アブラナと同じ仲間の植物といえるものは、カボチャ、エンド ウ、トマ ト、ジャガイモ、ダ イコンの中では、ダイコンです。

*アブラナ科にキャベツ、ナズナ、 カブ、ワ サビ、ダイコンなどがあり、離べん花です。カボチャはウリ科で合べん花、エンドウはマメ科で離べん花ですがチョウのような形の花 が咲きます。トマト、ジャ ガイモはナス科で合べん花です。

2. アブラナ、タンポポ、オオバコ、ヒメジョオンなどは地表に広く ひろげた 葉であるロ ゼット 葉を持っている。

*冬越しのために、地面に平べった くなって いる。エンドウ、アブラナ、ナズナ、ヒメ ジョオンは二年 草、ススキ、ユリ、ダリア、タンポポ、イチゴは多年草です(赤字はロゼッタ葉を持つ)。



コオロギ、こん虫の冬越し

高槻中学

1. コオロギはたまご→幼虫→成虫という育ち方をするが、これを不完全変態という。

2. コオロギと同じ育ち方をするものにトンボがある。

*完全変態するものには、モンシロ チョウ、 カブトムシ、テントウムシ、ミツバチなどがある。

3. コオロギはの状態で冬を越す。

*ミノムシ、カブトムシなどは幼虫 で、ミツ バチなどは成虫で冬を越す。

4.  コオロギは土の中に産卵する。

*セミは木の中、カマキリは木の小 枝など に、バッタは土の中に産卵する。

5. コオロギのあしは、むねから6本、はねは、むねから4本出てい る。

6. コオロギに与えるえさは、キュウリナスの果実がよい。

灘中 学

7. バッタやカマキリはで冬を越す。

*セミ、トンボ、カブトムシは幼虫 で、チョ ウ、ハエはさなぎで、ハチ、テントウムシ、アリは成虫で冬越しする。

8. 冬に多くのこん虫が休眠するのは、寒くて活動しにくいのと、えさが少ないからです。

9. 夏にさなぎになったものは、数週間で羽化して成虫になるが、秋にさなぎになったものは、翌春まで羽化しない。これ を休眠さなぎという。



いろいろな魚

同志社中学

1. マグロ、イワシ、カレイ、ハマチは一生をで過ごします。

*サケは川にのぼり、アユは川にす んでいま す。

2. おとなのマグロはおよそ1mから3mの大きさです。

3. イワシは群れをなして泳ぎ、ハマチは成長するとブリになります。

4. カレイの色や模様は、生活している場所によく似ています。

5. 魚が呼吸するときの水の流れはエラが正しい。


理科定理集のページへ