往復 の平均の速さ

基本公式15

ある道を、時速a(km)で往き、時速b(km)で帰ってくるとき、往復の平均の速さは、

(2×a×b)÷(a+b) (km) となります。

決して、(a+b)÷2 ではありません。これは、行きの所要時間と帰りの所要時間が異なるか らです。

(問い)

42kmの道のりを、時速14kmで往き、時速6kmで帰っ てきました。往復の平均の速さを求めなさい。



解答  2×14×6÷(14+6)=8.4km毎時

考察 普通にやると、往きに 42÷14=3時間 かかり、帰りに 42÷6=7時間 かかるので、

道のりの合計 42×2=84km を時間の合計 3+7=10時間 で割って、

84÷10=8.4km毎時 となります。ただ、このやり方では、道のりがわからないときにめ んどうです。


もどる