平行 線と相似

応用公式7

アとイと□が平行であるとき、□=ア×イ÷(ア+イ)。 分数で、和分の積と覚えましょう。

チョウチョの相似比ア:イからピラミッドの相似比ア:(ア+ イ)がわかります。

□はイと対応する辺だから□=イ÷(ア+イ)×ア=ア×イ÷(ア+イ)となります。

(問い)

下の図で、アとイと□が平行であるとき、□の長さをもとめな さい。ア=4cm イ=6cmとします。

解答解説へ



解答  公式の図が2つ重なった形だから、2倍したものが、答えとなる。

  4×6÷(4+6)×2=2.4×2=4.8cm 

考察  この形の方が、よく見かけます。  

問題にもどる

もどる