面積 比

基本公式4

面積の比=底辺の比 です。2番目の図では、面積比=高 さの比 の方が、考えやすいです。

三角形の面積ア:三角形の面積イ=長辺×長辺:短辺×短辺   なぜそうなるかは、黄色の補助線をひいて、面積比=底辺比の考え方を2回連続して使うだけですね。右図のように、アの三角形を上に折り返した形でも、同じです。

(問い)上図で、短辺が4cmと3cm、長辺が6cmと7cmのとき、面積アと面積イの三角形 の面積比をもとめなさい。



解答  4×3:6×7=12:42=2:7  

考察  面積イが四角形の部分だとすれば、面積比は、2:(7ー2)=2:5となります。


もどる